「ウィズ・コロナ掲示板」(2021年9月14日~12月)

当地伊豆では夏本番を控え、海水浴場の開設を発表しています。
コロナ下において経済の歩みも止めないためには「ウィズコロナ」の精神のもと、
受け入れ側も受け入れる側もコロナ対策を心がけた行動が求められます。
法人会では、本掲示板を通じて、今後ともその点を訴えかけていきたいと思います。


◎9月14日フェイスブック掲載の法人会コラム

昨日、全国の感染者数が5,000人(4,171人)、東京都も1,000人(611人)、静岡県も100人(60人)を割り込みました。
もちろん油断は出来ませんが、このまま減少傾向が続き、今月末までの緊急事態宣言等も解除される流れになってほしいものです。

今朝の伊豆新聞一面には、正にその緊急事態宣言解除がされた場合、その翌日から始まる、南伊豆町の「伊勢海老まつり」
101日~1130日)に合わせ、1人当たりの宿泊が5,000円割引、町内で使える3,000円分のクーポン券がもらえ、
合計で8,000円分がお得になる特別割引キャンペーンが実施され、既に多くの問い合わせをもらっているとの記事が掲載されています。
そもそも「伊勢海老まつり」自体も、12日の宿泊プランに伊勢海老が1匹付く格安プランであるだけに、
更にそこに8,000円分もお得になるというのですからお得感はハンパではありません。

記事の裏面には、やはり南伊豆町の「一条竹の子村」の関連記事で、今年は豊作で「クリ拾い体験」が人気を集めているとありました。
また今年は、コロナ対策で畑ごとに貸し切りにしているといいますので、その点も安心して楽しめます。

南伊豆町は昔から「伊豆は南に行くほど素晴らしい!」と観光宣伝をしています。ヒリゾ浜など、
秘境と呼ばれる自然スポットがいくつもあり、ジオスポットにも指定される自然の造形美、
雄大な海…伊豆の最南端に相応しい魅力がたくさん詰まっています。

順調にコロナ感染者数がこのまま減っていき、宣言が解除され、受け入れ側も訪れる側も
互いに感染症対策に十分に気を配った上であれば、長い自粛生活から解き放たれる観光地としては最高の場所であると思います。


南伊豆町観光協会
https://www.minami-izu.jp/
一条竹の子村
http://www.minami-izu.net/takenoko/




◎9月15日フェイスブック掲載の法人会コラム


台風14号の影響で週末の天気が少し荒れ模様になりそうです。

さて、今朝は読売新聞にあった消費税の関連記事に目が留まりました。
思えば、今年4月に総額表示が義務化されたものの、明確な基準がないため、消費者としては実感できていない状況ではないでしょうか。
また、一例として、セブンイレブンのカフェラテ購入の例が示されています。
食料品の一つであるため、8%の税額で税込み価格は21384銭、これ一つだけ購入する場合、
レジでは小数点以下を切り捨てるので購入価格は213円で84銭の得。
しかし二つ購入する場合、税抜き価格×2396円、396円×1.08…となるため427円となり、
一つずつ買った場合に比べ1円高くなるといいます。
私もこれを読むまでは考えもしませんでした。
たかが1円と言ってしまえばそれまでですが、同じ商品の提供価格が、国が定める消費税の関係によって異なってくるわけですから、
単純に1円の問題ではありません。10%に税率が引き上げられた際、軽減税率の適用ケースに至っても、
テイクアウトの判断基準などは8%であるか10%の線引きが曖昧であるため、現場の方々にとっては少なからずストレスもあったかと思います。総額表示義務についても、消費者は単純に総額が表示されていた方が分かりやすいのですが、
少しでも安く思われたい…という事業者の思惑もあり、複数の表示方法が生まれ、かえって混乱を招いているような気がします。
この記事のMEMOの欄に1989年に3%の消費税が導入されてからの流れが書いてあります。
消費税導入時、私は東京の会計事務所に勤め始めたばかりで、これから導入される消費税の研修会に足を運んだ記憶がありますが、
その時は、本当に単純明快な制度でしたので、通常の申告の最終面で少し電卓をたたくだけ…という印象でしかありませんでした。
しかしその後、元々消費税は消費者からの「預り税」であるので厳密に計算されるべき…との流れから、
税率アップと共に制度改正が行われました。
導入当時に比べると、現場の事業者さん、税理士さんへの負担は間違いなく大きくなっています。
そして、この10月からは、令和510月から導入されるインボイス制度の登録事業者の受付が始まります。
制度の厳格化は公平公正な税制の形としては正しいのかもしれませんが、
結果として、現場での過剰な負担や消費者の混乱を招くような事態だけは避けて頂きたいと思います。





◎9月16日フェイスブック掲載の法人会コラム

昨日は、北朝鮮が日本海に向けてミサイルを発射するなど物騒なニュースもありました。
コロナ、台風…これ以上、嫌なニュースを重ねないでほしい…そう思いました。

今朝の伊豆新聞一面には、東伊豆町で「全国草原サミット・シンポジウム・イン・東伊豆」
と銘打った草原サミットが初開催(県内でも初)されるという記事が掲載されています。
コロナ禍のためオンライン開催であるところはとても残念ですが、サミットには全国8市町村の幹部が出席。
草原の持つ公益的な役割や価値について広くアピールすると共に、
各地で取り組まれている保全活動の現状や課題について議論されるといいます。
東伊豆町の細野高原はここ数年で周辺整備が整いましたが、昔は知る人ぞ知るスポットでした。
私自身も細野高原に足を延ばしたのは道路事情が整った数年前のことになります。
想像以上の広さ、すすきの草原…そこから海を見下ろせる眺望…何もかもが思っていたスケールを超えていました。
また、これは見た人によって印象、意見は分かれると思いますが、草原の上には風力発電の風車が回っています。
この風力発電については東伊豆町が先行して取り組んでいましたが、
耐用年数を前に故障、停止するなど、使用できなくなった風車の処理をめぐっても議論されているところです。
更に言えば、伊豆各地で行われている太陽光発電についても、目に見えないところで山が切り崩されている事実もありますし、
山に頂上にある細野高原が、もし誰も着目していない場所であれば、すすきを全て刈って太陽光パネルを一面に…
と考える事業者がいてもおかしくありません。
そういう意味でも、「草原」が未来へ残すべき資源として着目され、こうして取り上げられるのは良い事ではないかと思います。

東伊豆町では108日~115日にかけて「秋のすすきイベント」が開催されるようです。
東伊豆町観光協会作成のポスターが素敵な感じでしたので、こちらにもアップします。

詳しい内容は、東伊豆町観光協会のホームページをご覧ください。

https://www.e-izu.org/




◎9月17日フェイスブック掲載の法人会コラム

どうやら、温帯低気圧に変わると予想されていた台風が、そのまま列島横断をするコースをとるようです。
明日から連休となりますが、気象予報には十分な注意が必要です。

さて、今朝の伊豆新聞の一面に、東伊豆町片瀬の老舗温泉旅館「片瀬館ひいな」が、
新型コロナウイルスのワクチン接種を済ませた人を対象にした優待宿泊プランの予約販売を開始した…という記事が掲載されています。
2名で12食付きの料金(45千円)が最大6,000円(約13%)引きとなり、ワクチンは1回以上接種していれば利用できます。

ただ、グループの中に未接種者がいれば利用できず、チェックインの際、証明書を提示する…となっています。
こうした取り組みは既に全国の宿泊施設でも始まっていて、
旅行サイトなどでは「ワクチン接種済の方限定、お得な宿泊プラン」などの特集も組まれています。
旅行大手などは、接種を終えた人向けのツアー企画などが組まれ、申し込みが急増しているといいます。

ここ数日、こうしたワクチン接種を前提とする飲食、イベントの緩和、
もう一つ踏み込んだワクチンパスポートの議論も始まっていますが、
感染拡大が抑えきれていない現状においては「時期尚早」の声も多く聞こえます。
ワクチンによる抗体量、持続期間にも個人差があること、
ワクチン接種が進む他国においてもブレイクスルー感染が多く見受けられる事から、当然だと思います。
また、これが行き過ぎた時、ワクチン接種を受けていない人への差別なども心配です。
宿泊施設側からすれば、宿泊お断りではなく優待なので、施設の基本姿勢を示しながら営業にも役立てていく一つの経営戦略です。
しかしながら、利用者の中に1名でも未接種者がいれば利用できない…となっていますので、
例えば、いつも旅行をしている仲良しグループの中に、身体的事情その他でワクチンが受けられない人がいれば、
自ずとその輪からはずれる事にもなりかねません。

1年半に及ぶ自粛で人々の不満はマグマのように溜っています。
ワクチン接種が様々な場面で「免罪符」となれば、ワクチンを打てばもう大丈夫…という間違った認識も生まれかねません。
もちろん、経済は回していかねばなりませんが、
少しずつ感染者数が減り始めた今だからこそ、もっと慎重に緩和すべきでないかと思います。