私が考える「わが町のナンバーワン、オンリーワン」



             「つるつるスベスベ美肌の湯」

毎日温泉に入りたくて、横浜から移住して20年が過ぎた。
その思いが叶い、温泉の大浴場が併設されているマンションで、身も心もどっぷりとその恩恵を享受している。
言うまでもなく伊豆は温泉の宝庫。泉質、効能、温度等、それぞれに特色があり、日帰り入浴施設へも足繁く通っている。
その中でも、特に私のお気に入りは、下田の奥座敷と言われる横川にある「観音温泉」で、源泉水は、泉度51度、
PH9.5のアルカリ単純泉、入浴後は肌がつるつるになる。女性にとっては本当に嬉しい「美肌の湯」だ。
他府県から遊びに来る親戚、友人達にも自慢して、必ず連れて行く。喜ぶ顔を見て私も大満足。
歳の割には肌が綺麗と言われるが、温泉のお陰かも。私も美魔女になれるかなぁ~。
「図々しいにもほどがある」何処からかそんな声が聞こえてきそうな…。
私が押す「ナンバーワン」は「観音温泉」だ。

                                         下田市在住 N・Yさん


                    「河津町の町民主権者意識こそ誇り」

河津町には全国区のブランドである河津桜、天城山麓のワサビ田風景とそのワサビ、峰温泉大噴湯、
それに林際寺の観世音菩薩立像などナンバーワン!オンリーワン!がたくさんあります。
 でも私は考えます。最高にナンバーワン!オンリーワン!なのは、河津町の町民の主権者意識です。
 これこそ「わが町のナンバーワン!オンリーワン!」です。

2017年の複合施設建設を端緒とする町長リコール(更迭)運動とその決着は鮮やかでした。
ことの次第と顛末は
2017年に伊豆新聞をはじめ、各メディアで報道されましたので割愛します。
そして私の感動は複合施設に賛成する人、反対する人どちら側かに組したものではありません。
ひねもす退屈で色彩に乏しい町に住むかにみえた河津の町民が、じつは日本の
130年以上に培ってきた
民主主義の歴史的な体現者であることに誇りを感じたのです。

ひとつの政治案件に賛成者と反対者がいるのは当然です。
 今回はその両者の闊達な議論と行動が憲法と法律および諸法規にのっとり極みまで展開されていった
ことがすばらしいのです。
 とくに公共施設建設、いわゆる箱モノ建設の是非について、町長リコールまでいきついたのは日本の
憲政史上の初のできごとではないでしょうか。

河津町は静岡県で3番目に小さな町だそうです。その小さな小さな町の町民が町の主権者はあくまで
町民であることを示した今回のできごとは、河津町制
60年の成果でありその成熟でもあるといえるでしょう。

                                         河津町在住 S・Hさん